2019年03月26日

3月11日

 3月11日。日本人にとって忘れられない日です。

 8年目を迎え、テレビや新聞などで特集を組んでいますが、そんな報道特集番組の中から心に残ったことを紹介します。
 この大震災で16千名近くの方が亡くなり、行方不明者や関連死者を含めると2万名以上の方が亡くなっています。その数だけ悲劇があり、その数倍もの方に人に言えない苦しみがあったことと思います。
 そんな中で津波に襲われながらも奇跡的に命を救われた方が実に不思議な体験をされています。

 大地震のあったその夜のこと。救出されたタンカや救急ベッドの中から空を見上げると満天の星が輝いていたのが目に入ったそうです。それはそれは今までに見たこともなかった、まさに満天の星。
 それを見て自分は救われたんだ、命長らえることができたんだ、生きる力をもらった気がした。何人もの人が異口同音にそのことをインタビューに答えていました。
 家も家族も、財産もなくされ、悲嘆にくれ、休むことさえままならない毎日であったけれども、辛くなった時、さみしくなった時、ふと見上げた空に輝く星を見て、生かされているんだと自分に言い聞かせることがやっとできるようになった、とも答えていました。
 またある人は、亡くなった家族があの時の満天の星の一つとなって自分を守ってくれたんだ、だから辛くなったら空を見上げて亡くなった人の星を見つけ、心の支えとして明日に向かうエネルギーをもらうんだ、と答えていました。

 私も幼いときにおじいさんやおばあさんに、人は死ぬと星になると言われたことがあります。その時は何も知らずに信じていたけれど、大人になるにつれ天文学や物理学の知識が入ると、次第に覚めた目で星をみるようになっていました。
 私にとっては何気なく見ていた星ではありますが、求める心に不思議な波長とでも言うんでしょうか、シンクロすると自然界は人間に非常に大きいエネルギーや癒しの力、背中を押してくれる勇気を与えてくれるものなのだと、この番組を見終わって感じた次第です。
 被災地の方々の一日も早い復興を祈っています。
posted by ライトハウスライブラリー at 16:52| 日々のライトハウスライブラリー

2019年03月12日

お口の中の大工事が・・・

3月に入り、すっかり春らしくなってきましたね。
今年は暖冬で、雪が積もることもなく通勤は助かりましたが
何か物足りなさも感じました。わがままな考えですね。

さて、私、昨年末から今にかけて進行形の出来事が一つ。
それは親知らずを抜くことです。

昨年末に、ある忘年会に参加した時に
右下の親知らずに違和感をおぼえ、歯科医院に行きました。

そうしたところ、先生から「もう虫歯にもなっているし、
根もぐらぐらしているので抜きましょう。
併せて、下の親知らずだけ抜くとかみ合わせが悪くなるので、
いずれかは上の歯も抜きましょう」とのこと・・・・。

最後に「右だけ抜くと左右のバランスが悪くなるので、
将来的には左の上下の親知らずも抜いたほうがいいですね。
歯周病も進んでますのでその治療もしましょうね」と言われ、
年末から私の口の中の大工事が始まりました。

小学校の頃から歯だけはよくて、虫歯ゼロで
毎年表彰されていたのが自慢でしたが、
いつの間にか虫歯になってしまいました。

現在、右の上下の親知らずを抜くことまで完了し、
あとは左側の上下の親知らずとなりました。

皆さん私のようにならないようにお口の中の健康にお気を付けくださいね。
時間はなかなか取れないですが、定期的に歯科医院に行って
メンテナンスすることも大切なことだと改めて感じている今日この頃です。

次にブログ当番来る頃にはすべての親知らずが抜けて、
この大工事は終了していることを願います。
皆さん8020目指しましょう!
posted by ライトハウスライブラリー at 17:23| 日々のライトハウスライブラリー

2019年02月18日

わがまま

2月中旬になりました

毎年、この時期になると雪が積り、
道路が凍結すると車移動もできなくなる日があるので憂鬱ですが、
今年は全く雪が積もらないですね

嬉しいことでもあるのですが、少し寂しいです

寒いのは苦手なのですが、私は雪景色が好きなのです
寒い寒いと言いながらも見る雪景色は
とても綺麗で毎年楽しみにしています

ですが、この調子で行くと今年はみる事が難しそうです

雪よ降らないでくれ
雪よ降ってくれ

両方祈っている私

さて、春までに雪は降るのでしょうか
posted by ライトハウスライブラリー at 09:35| 日々のライトハウスライブラリー

2019年02月08日

結露のはなし

冬の朝、子供部屋の窓が曇ります

温かく湿った空気が冷たい物質に触れて水滴に
これが結露発生のメカニズムです
ガラスもアルミも熱を伝えやすいから
窓はとても結露が発生しやすい構造です

「湿り空気線図」を覚えていますか
温度と湿度の相関関係で露点温度が分かる
あの、歪んだ網目の図表です

露点温度は水蒸気が冷えて結露する温度のこと
気温20度、湿度60%なら12度
同じ気温でも湿度が70%になれば
露点温度は14.4度に上がります

忙しい朝に窓の水滴を拭き取るのは面倒です
でも、悪いことばかりじゃない

子供たちが小さい頃は
窓に楽しい絵を描いて遊びました

空に浮かぶ雲、前が見えないほど曇るメガネ
朝露に浮かぶクモの巣の芸術
みんな結露の現象です

息子も中学生
女の子が窓に描いたあいあい傘に
彼の名前がきらり輝く!
そんな日も遠くないでしょう
posted by ライトハウスライブラリー at 14:09| 日々のライトハウスライブラリー

2019年02月06日

節分荒れは...

節分が過ぎました。

「節分荒れ」という言葉がありますが、
今年は暖かい日が続いていて、
「2月」という寒いであろう時期の感覚から、
遠ざかっている気がします。

ライブラリーの玄関先にいる「メダカ」も、
時々水面まで出てきています。
例年なら、水底近くでじっとしているのですが。

家の軒下で飼っている「出雲なんきん」はと言うと。。。
頭を下にして、体を斜めの状態にして、じっとしたまま、動いてないです。
冬眠をしています。

寒さの感じ方はメダカと出雲なんきんは異なるようです。
暖かく感じる今年の冬、「節分荒れ」はどこに、、、と感じます。
posted by ライトハウスライブラリー at 16:54| 日々のライトハウスライブラリー

2019年01月24日

平成最後の…

平成最後の…
というフレーズを、何回聞いたことか。

先日、今年度の
「点訳音訳ボランティア養成講習会」が終わりました。

今年度の修了生の中には、
修了証書の番号が、ちょうど500番!
というかたが2名も
そうです。
点訳も音訳も、この平成最後の「養成講習会」で
500番が誕生しました。
ということは、点訳音訳合せて、
合計で1000人のボランティアの方が
ライトハウスライブラリーの講習を受けられた
ということに…。

偶然にも今年度おなじ場所に集った仲間。
協力しあって、親睦が深まって、
かけがえのない繋がりができました。

つながりを大切に、
これからもずっと繋がっていきます。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:40| 日々のライトハウスライブラリー

2019年01月17日

レッツ! ダンス!

去年に引き続き
今年もやってきました!
まもなく開催のダンス公演。
過去のワークショップに行くうちに、
いまでの私にとって
一番居心地のいい場に

自由な発想をよしとしてくれるところ
もちろんダンス(動き回る)する上での
安全面の配慮はしっかりしているので安心です。

ただただその時間は
普段感じている押し付けや
上下関係のようなぎすぎすしたものはなく
ごくごく自然に
話をしていても対等な感じで
続いていきます。

いつまでも続け
私の居心地のいい場所。
posted by ライトハウスライブラリー at 16:07| 日々のライトハウスライブラリー

2019年01月04日

あけましておめでとうございます

新年 あけましておめでとうございます。

 皆さま、よいお年をお迎えのことと思います。

 例年、大学箱根駅伝を見ながら正月を過ごすのですが、今年は東海大学が初優勝、青山学園大学の5連覇を阻止しました。正月はスポーツが目白押しでサッカー、ラグビーなどの決勝が連日放送されています。ただ、サッカー天皇杯が元旦ではなく年末に開催されるようになったのにはいささかの寂しさを感じます。

 チーム競技を見ながら仕事にリンクさせる癖がどうもでてきますが、職場も見方を変えれば組織力、チーム力を求め、作戦を立てながら目標に向かっていくことなど、重なるところが多いと感じます。

 一人一人の戦力アップがチーム力向上に繋がることもあれば、個々の力が及ばなくてもチーム力でそれをカバーする、などなど職場によってさまざまなチームカラーがでていると思います。

 我が職場の総勢10名は、ちょうどスポーツ競技1チーム分の人数です。
 それぞれが足りないところを補ないながら、いや、得意分野を活かしながら利用者のため、サポートしてくださる方のため、目標をもって仕事に取り組んでいます。

 折しも今年、当法人は創設60周年を迎え、周年イベントが計画されています。振り返る10年、先を見越す10年、いずれも大切ではありますが、その前に足元の今年1年が充実していればこそだと思います。
 私自身も今年の目標をいくつか手帳に書き認めました。実現に向けて取り組みたいと思っています。

 間もなく平成から新たな年号に遷り変りますが、この一年が天災地変や戦いのない平和な時代でありますよう、また皆さんのご健勝、ご多幸をお祈りいたします。
posted by ライトハウスライブラリー at 13:11| 日々のライトハウスライブラリー

2018年12月26日

クリスマスの朝は早起きに

今年も残すところあと5日となりました。
年々1年経つのが早く感じています。
皆さんもきっとそうですよね。

さて、年の瀬を迎える前の
ビッグイベントと言えばクリスマス。
我が家にもサンタクロースがやってきました。

小学校の高学年にもなるとサンタクロースの捉え方も
子どもによっていろいろだと思いますが
我が家の子ども二人は今月中旬からずっと
サンタクロースが来るのを待っていました。

迎えた24日の夜。普段どおり寝ましたが
長女は夜中に何度も起きて枕もとを確認。
「まだきてない、寝よう」、
「まだきてない、寝よう」の繰り返しでした。

一方、長男は朝の4時半くらいに目が覚めて
プレゼントが届いているのも確認すると
それから30分おきに「もう起きていい?」
「もう起きていい?」の繰り返し。

普段はなかなか起きないのにクリスマスの朝は
二人ともすっきりと目覚めて、プレゼントを開けていました。
二人の喜ぶ姿に、私も心が温かくなった朝でした。

さて、年末年始はライトハウスライブラリーは
12月29日から1月3日まで休館日となります。
1年間大変ありがとうございました。
来年も変わりませずよろしくお願いします。
それではみなさまよいお年をお迎えくださいませ。
posted by ライトハウスライブラリー at 13:18| 日々のライトハウスライブラリー

2018年12月17日

ぶらり1日、島根観光

 先日、久しぶりに一畑電車に乗って出雲大社へ出かけました。
小雨の降る山陰の冬空の中、大鳥居をくぐって本殿まで歩くと、
(八百万の神々が去られたというのに)神聖な
空気に包まれたような気持になります。
平成の大遷宮により、平成25年に本殿大屋根の吹き替えが終わり
本殿の姿は本当に荘厳で、大しめ縄の正面よりも、
ぐるり周囲を歩いて、
八百万の神々の御宿泊所の一九舎のあたりから
横向きに見る本殿は、いつまでもそこに佇んでいられるほど、
美しいと感じます。
(初詣の下見になりそうで、
 平成最後の初詣は出雲大社が第1候補でしょうか)

 続いて、松江城〜小泉八雲記念館〜松江歴史館と
歩くころには、雨も上がり
澄んだ空気にゆっくりと松江を歩きました。
 県外から旅人を案内する機会が、1年に2〜3回ぐらいは
あるのですが、
やはり松江は風情があって良い町だといつも思います。
 多くの人に来てほしいけれど、
あまり便利な都会に飛躍せずに
このままの姿であってほしいと思います。

 出雲そばはやっぱり”割子蕎麦”がお蕎麦の
触感を味わうには最高です。
美味しかったし、松江歴史館のお抹茶と和菓子も
ほっこりしました。







 
posted by ライトハウスライブラリー at 18:39| 日々のライトハウスライブラリー