2016年11月07日

長年の…

 この度、文化の日の叙勲で島根県視覚障害者福祉協会の小川幹雄会長が、長年
にわたる視覚障害者への教育や自立支援、技術向上に向けた功績に対し旭日双光
章を受章されました。
 小川会長をはじめ関係の皆さま方に心からお祝い申し上げます。

 さて、こういう話の後に自分のことを言うのをためらいましたが、「長年」と
いう言葉からひとこと。

 長年酷使してきた(自分ではそう思っているものの周りからはそう思っていな
いだろうなあ)体も、徐々に錆びつき、ガタがくる(これを老化という)のを実
感している。

 毎年の定期検査・人間ドックでは大きな異常は発見されずここまで来たが、先
日、階段を登って掃除している時や早歩きなどした時に胸の息苦しさを感じ、町
医者に行ってみると、心臓の血管が詰まり気味であるとして、太さ3ミリほどの
血管を掃除してもらった。

 医者に血管を掃除してもらったついでに煙草もやめたらと言われ、吸わずに1
か月が過ぎた。不思議なもので畑仕事や肥料運び、ちょっとしたランニングまで
も楽にできるようになった。

 長年の不摂生で自らに降りかかったとは言え、医者の一言から健康が取り戻せ
たことを感謝しつつ、今日も仕事をやっていくぞ!!! と独り言。
posted by ライトハウスライブラリー at 13:07| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月28日

庭の衣替え

11月も間近になり、朝晩は肌寒い日も出てきました。
私の周りでも、風邪を引いている方も見かけます。
体調管理に気を付けないといけない季節になってきましたね。

そんな季節の変わり目に合わせて、
我が家の庭にあるプランターと
花壇も、秋冬の花や野菜に変わりました。

今までは、ミニトマト、オクラ、ししとう、ゴーヤ等でしたが、
先日、ビオラ、ホウレンソウ、二十日大根などの苗や種を
子どもたちと一緒に植えました。

私が小さいころは、家の近くに畑があり、そこで
出来た野菜などを見てきましたが、最近の子どもたちは
実際に畑にできている野菜を見る機会がなかなかありません。

そんな思いもあり、買った方が手間もかからないし、
いいのがあると思いつつも、
季節の野菜も少しですが植えてみました。

育て方がうまくいかず、
どれほどできるかわかりませんが、
自分で作った物を食べられる喜びを楽しみに
育てていきたいと思います。

結果はまたこのブログで報告しますね。
posted by ライトハウスライブラリー at 14:06| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月24日

熊本へ

 先週熊本へ行きました。
全視情協熊本大会という、ライトハウイスライブラリーのような
視覚障害者情報提供施設の全国大会でした。
 熊本の震災から半年、その復興の願いをこめて
熊本県点字図書館が当番県として、震災直後に
開催を受けたのでした。
 大会テーマは「豊かな未来へ意識改革」サブテーマに
“熊本地震を受けて、平時・災害時における情報提供のあり方を考える”

 熊本市内は熊本城の石垣や城はTVの通りでしたが、
町は復旧したかに見えました。
益城町を車で通過しました。
まだ、地震の時のままの家屋がいたるところに
手付かずのままありました。
ブルーシートが掛けられたままの瓦の屋根、崩れた家屋や塀、
1階部分の潰れたアパート、潰されたままの家屋、
人の住んでいない家々、危険・要注意等の張り紙
瓦礫の撤去作業のショベルや重機の音。
心臓がドキドキして、
まるで震災直後から時が止まったような印象さえ受ける場所でした。

 そんな中での鳥取の地震。震度6弱、松江が震度4。
いつどこでも起こりうると感じた災害。
熊本は、東日本大震災の教訓が随所に生かされていても
やはり復興には時間がかかることを
その土地に立って実感しました。
 人と人とを繋ぐ支援を私たちは長く継続していくことが大切なのだと、
強く強く心に記憶して、帰りました。
松江駅に到着して、改めてこの地を愛おしく思いました。
posted by ライトハウスライブラリー at 09:13| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月14日

渋抜き

爽やかな気候になりました。
「良い天気だなあ〜」と思いますが
風が冷たいといいますか
寒いですね。

先日、柿とりに行ったのですが
小さいのしかなっていませんでした。
数も少ししかとれませんでしたが
今、その柿の渋抜きをしています。
初めて試みることなので
どのような結果になりますやら。

いろいろなことを楽しんでみたい秋です。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:40| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月02日

○○の秋!


朝晩冷え込む日がも増え始め
秋になって来たなぁと感じる今日この頃です。

芸術の秋・スポーツの秋・食欲の秋のように
○〇の秋という言葉が街中でも
たまに見かけるようになりました。

学生だった頃の私にとってこの季節は、
中間テストの時期でもあり、
赤点の秋だったなぁと思い返しています(笑)

赤点はもう見たくないけれど
今年の秋は紅葉を見に行きたいと思っています。

今年は、紅葉の秋にしたいものです。

みなさんは、どのような秋を過ごされますか?
posted by ライトハウスライブラリー at 17:50| 日々のライトハウスライブラリー

2016年09月29日

ら・ら・ふぇすたを終えて


 先日、15回目のら・ら・ふぇすたを無事終えました。
ライブラリーのスタッフ数は限られていて、
スタッフでできることは限られてしまうのですが、
多くの方々のご協力で、準備の段階も含めて、
今年も開催することができ、そしてまた
たくさんの方に来ていただきました。

 日々の生活で、いろんなことが、
支え・支えられてまわっていると感じます。
win-win の関係は、お互いに補い合って
お互いに価値を生んでというような関係かと
思いますが、いろんな方が相互間だけでなく、
まわりまわって広く支えあう…。
ら・ら・ふぇすたも、そういう一面も
あるような気がしてます。

 ご協力、ありがとうございました。
posted by ライトハウスライブラリー at 09:24| 日々のライトハウスライブラリー

2016年09月20日

「学割のあのころ」のその後

昨年の今頃、このブログに「学割のあのころ」と題して
使わなかった学割の申請書類に書かれた19歳という年齢
について、文章を書いていました。

趣味で続けている卓球の集まりに
夏休みで帰省中という19歳の女子大生が来てくれたのは
8月のおわりのこと。
ちょうど、オリンピックで女子も男子も日本人選手が
がんばっていたころでしたので、その影響もあってか?
と思いきや
大学で卓球をしているとのこと

いつもダブルスの試合がギリギリできる程度の人数で
新規会員の加入も久しくなく…
細々と活動している集まりに
たった4回でしたが、19歳が運んできてくれた
はつらつさ、明るさに、
私も他のメンバーも
卓球をすること楽しくて楽しくて仕方ない、
を爆発させていました。
こんなに、嬉しくワクワクしたことって…。

夏休みも終わり、彼女は大学に戻っていきました。
冬休みには来れないけど、長い春休みにきっと来る、
という約束と共に握手でひとまずお別れ。

1年前のブログには
19歳のころ、私は何に熱く打ち込んでいたのだろう、
いや、今からでも遅くはない。
と記していました。

そうだ、今。
卓球に打ち込んでいるじゃないか。
posted by ライトハウスライブラリー at 18:07| 日々のライトハウスライブラリー

2016年09月09日

「ら・ら・ふぇすた」が近づいてきました。

実は、わたし…
以前も「ら・ら・ふぇすた」の前に
このブログを書いたような記憶があります。
私は、秋は苦手で、
これが終われば寒い冬へ向かうだけ
…というようなことを。

今年の夏は異常に暑かったせいか、
迷走台風と一緒に私も迷走してる感じかなぁ。

さて今年のテーマ
「障がいのある人もない人も、共に手を取り合って」

私は、人に対して不信感を感じることがよくあります。
それは
自分が、世間的に言ういわゆる障がい者だから。
未だに「大変だね」とか「かわいそう」など、
また、頼んではいないのに
「〜してあげる」といった言葉をかけられたり
「障がい者」という存在にしているのは周りでは?
と、最近思います。
法律もでき、
差別をなくそうという動きがありますが、

障がいとは?
差別とは?
何でしょう?
一人ひとりが「個性」を持って
存在しているだけなのに。

そんな溝が
少しでも埋まるような機会になれば良いと思います。

そんな「ら・ら・ふぇすた」は、今年で15回目
9月18日(日曜日)
松江市千鳥町の
松江市総合福祉センターで開催します!!
posted by ライトハウスライブラリー at 17:08| 日々のライトハウスライブラリー

2016年09月02日

パラリンピックでも輝け、日本選手。


リオ五輪が終わり、次はいよいよ9月7日からリオ・パラリンピックが開幕。

次々と飛行機に乗りこむ日本選手団が、闘志を秘めつつも今までの努力を自信に
換え、応援した人たちの声に後押しされて、出発していくところをテレビが放映
しています。

オリンピックの日本選手団の成果があまりにもよかったのも驚きでしたが、前評
判になっていなかった選手の活躍も印象に残りました。

世界の舞台で好成績を残し、厳しい出場条件をクリアした選手や熾烈な地区予選
を勝ち抜いたチームの選手たちが日本代表として挑みます。

このパラリンピックには島根県から車いすテニスに三木卓也選手が出場します。
世界トップの国枝慎吾選手の背中を追ってリオ・パラに出場した三木選手を心か
ら応援しています。

テレビで障がい者の方が「失ったものを嘆くことより今ある能力を活す。」とい
うことを聞いたことがあります。
そして残った能力を本人の血のにじむような努力とそれを最大限に発揮させる日
本のメーカーの、というより職人技と言ってよい技術開発者が手作りで用具や補
装具、競技器具を調整し、体に合せ、選手たちを支えています。

オリンピックに続きパラリンピックでも日本選手団が素晴らしい成績を収め、晴
れやかな笑顔に輝いた映像を見るのを今から楽しみにしています。
三木選手、頑張れ。そして日本選手団、頑張れ。
posted by ライトハウスライブラリー at 14:21| 日々のライトハウスライブラリー

2016年08月26日

夏休みの自由研究

8月も残りわずかとなり、子どもたちの夏休みも
残り2日となりました。

我が家にも小学3年生と2年生の子どもがいますが
ただ今、夏休みの宿題のラストスパート中です。

そんな夏休みの宿題に「一人一挑戦」というものがあります。
いわゆる自由研究です。

その自由研究の題材に、
小学3年の長女が「点字」を取り上げました。
小学生ですので、専門的なことはできませんが、
あいうえおの五十音表を見ながら、点字を打ちました。
意外に覚えが早く、自分の名前は
すぐに覚えて打てるようになりました。

最終的には一冊の絵本の文章を、
五十音表を見ながらですが、
すべて点字にすることができました。

来週から2学期ですので、週末に「まとめ」を模造紙に書いて
完成させる予定です。

明日は近くの公民館の図書室にでも行って、
一緒にやろうかと思っています。

それと時を同じくして、私も今、職場で点字の勉強をしているところです。
子どもには負けていられないという思いで毎週出される宿題に
取り組んでいます。
親子で一緒に勉強をした夏休みとなりました。

私の、勉強は夏が終わってもまだまだ続きますが・・・・。
頑張ります!!
posted by ライトハウスライブラリー at 17:28| 日々のライトハウスライブラリー