2018年11月08日

ら・ら・ふぇすた外伝

11月4日、「ら・ら・ふぇすた」を開催しました。
私にとっては、十数年ぶりの「ら・ら・ふぇすた」。
近年は天候に恵まれなかったそうですが
この日は違いました。
朝から眩いほどの日差しを受け
駐車場係の1時間で陽焼けするほど。
天気を気にせず済んだのは
天からの最高のプレゼントでした。

その後は、屋内ホールの暗い場所での裏方です。
演目ごとに、舞台の準備や転換をしました。
音響など、滅多に経験できないことも手伝えて
とても面白かったです。

勾玉オールドサウンズさんのステージは
どれも青春時代に口ずさんだ曲ばかり。
「拓郎もこうせつも、いまや懐メロか・・・」と思いつつ
「若かった、あの頃〜」と流れてくると
リハーサルから、心がジーンと熱くなり
本番では、大音量に紛れて熱唱していました。

ところで
「ら・ら・ふぇすた」の名称の由来をご存知ですか?
20年近く前、ライブラリーのお祭りを
現在のスタイルにする取り組みの中で
お祭りの名称を募集しました。
利用者さん、ボランティアさん、職員などから応募があり
選ばれたのが「ら・ら・ふぇすた」です。
名づけ親は音訳ボランティアのWさんでした。

私の記憶が確かならば
ライトハウスライブラリーの頭文字と
メロディを口ずさむ時のラ・ラ・ラ〜
ふたつの融合が命名の由来だったと思います。
親しみがあり、覚えやすいことからすぐに決まりました。
久保田利伸の「LA・LA・LA LOVESONG」や
大黒摩季の「ら・ら・ら」などを凌駕する
半端ないネーミングセンスだと思いませんか。

そのお祭りも今年で17回め。
人ならば高校生です。
共催者、協力者、利用者、関係者の方々のお力添えで
こんなに立派に育てていただきました。
命名に立ち会った者として、感謝いたします。

今回サポートしてくださった全ての皆様
ありがとうございました。
posted by ライトハウスライブラリー at 15:09| 日々のライトハウスライブラリー