2018年06月21日

めだかの学校

先週、クロメダカの卵が孵り、3匹の赤ちゃんが生まれました。

透明なビンの中で、体長5ミリくらいに成長したので、

昨日、生きものがかりの手で、屋外の睡蓮鉢に移されました。

 

小さい頃、めだかは小川や池や田んぼなど、どこにでもいて、

友だちとよく採って遊んだものです。

小さくて可愛いので、子どもにはとても親しみやすい生きものでした。

 

めだか − ダツ目メダカ科の淡水魚。

日本で生息する淡水魚の中で一番小さく、成長しても3センチ前後。

目が大きく、高い位置にあることから、めだか(目高)と言われます。

 

昔からいる天然(野生)のクロメダカは、ニホンメダカとも呼ばれ、

高温、塩分、汚れに強く、繁殖力も強いので、子どもでも飼いやすい種です。

しかし、農薬や環境汚染の影響で、近年天然のメダカは激減し、

絶滅危惧種に指定されています。

 

昔と違って、自然の中で見つけるのは大変ですが、

個人で飼う程度の量なら、採取してもよいそうです。

その場合でも、この小さな生きものの成長を見届けたあとは、

元の場所に戻してあげられるとカッコイイですね。

 

今朝職場に来てみると、睡蓮鉢にはブルーのメダカも泳いでいました。

ボランティアさんが下さったそうです。

 

クロメダカとブルーライトメダカ。

種は違いますが、争うことなく、仲良く育ってほしいです。

結婚したら、ミックスの子どもが生まれる?

そんなことを思いながら、そっと覗いて見ています。

posted by ライトハウスライブラリー at 14:40| 日々のライトハウスライブラリー