2017年07月26日

「本」という名の大海原で

洗車?
選手?
いえいえ選書?

点訳や音訳をしていると時に
文の中の言葉で遊ぶことがあります。
ここで、切ってしまったら別のものに…
文を切る位置が違えば、違う意味に…
ということは、よくあることです。

昨日の昼休みにも
同僚と言葉で遊んでいて、
この位置で切ると「関西弁」
だけど、ここだと「出雲弁」

ボランティアのかたに
製作してもらう本を選ぶ会を金曜日に予定しています。
これから出版予定の本がまとめられた雑誌の中から
女性職員3人で選んでいきます。

以前、ボランティアのかたが
おっしゃっていたことが、とても印象的でした。

私たちは、広い本という海の中で泳いでいる、と。

夏本番、広い海の中で
スイスイと泳げる本を選ばないと、
選ぶほうもキンチョ―します。
posted by ライトハウスライブラリー at 11:31| 日々のライトハウスライブラリー