2016年12月25日

年の瀬

年の瀬

 クリスマスが過ぎるとあわただしく
年の瀬となる。
山陰地方は雪にはならずに仕事納めを
迎えれそうです。
 今年1年を振り返ることは、今年の内に
ゆっくりと必要だと思います。
 私が昨年と比べて、異なることは?
 そうあまり無いように思うのですが、
職場の仲間が変わりました。
 男性と女性の比率が変わって、
女は相変わらずじっとしているけれど
男性が、甘いお菓子をつまみ
給湯室でお茶を準備する姿や、
洗濯したタオルを
干す姿も見受けたりします。
良い意味の男女平等?でしょうか。

 平穏な1年だと思えば、そう納得するけれど
もう少し自分なりに挑戦に欠けていた年でした。

うれしい出来事は
 視覚障害者福祉協会会長の小川幹雄氏が、
旭日双光章を受章されたこと。
 弛まぬあゆみの(ただただ前を向いて、
皆を先導して)くださるお姿は
 まわりの人たちを幸せにして、
やさしさあふれていらっしゃいます。
 先日あった祝賀会で、本当に大切な方なのだと
実感しました。

 自分は努力を惜しまずに毎日を織りなして
行くうちに、自分では気が付かない少し少しで成長し、
自分の成功も失敗も許せる受容と、
まわりの人たちへの優しさが身について行くものだと
小川先生から学ばせていただけた
貴重な年となりました。

来年は、自分の飛躍の年となると良いのですが・・・。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:57| 日々のライトハウスライブラリー