2016年11月15日

昔のひとと今のひと

やっぱり昔の人はたくましい
こんな風に思うことがありました。

人と言いましたが、機械の話です。
先日、ライトハウスライブラリーにある
点字タイプライターの点検をしました。

パーキンスが5〜6台、アポロも2〜3台。
(パーキンスもアポロもタイプライタの名前です。)
私もパーキンスは、学生時代かなり使っていたものです。
アポロはもっと昔に製造されたものだと思います。

ちなみに、フロッピーディスクなど、
今では古すぎてその存在自体も知らない人も多いはずのシロモノを
点訳に関しては便利に使う場面もあります。

私が見たタイプライターたち、
多少部品が欠けていたり使うのにはちょっと?
あやしいものもありましたが、
それでも使えるものが数台ありました。
しかし、パーキンスはほぼ全滅。
アポロが残ったのには驚きでした。
機械も現代化してるのかな?
そういえば、最近の機械は
定期的にメンテナンスをさせるように
わざともろく作られているとかいないとか
そんな話を聞いたことがあります。

刻々と変化するこの世の中、
人間も機械も、今後、どこへいくのでしょう?

それにしても、アポロの生命力はすごい。
やっぱり昔の機械は強いなぁと感じたのと
進化ばかりを追い求めることが良いことではないと
タイプライタを愛おしく思ったのでした。
posted by ライトハウスライブラリー at 19:42| 日々のライトハウスライブラリー