2018年02月09日

ダーッシュ!

「隣のライブラリーですけど…」
「あーこんにちは!」
「えーっと、昨日の新聞ありますか?」

このような会話はいつも
ライトハウスライブラリーのある
松江市南田町のご近所さんとの会話。

来館されたかたの車が脱輪
「お宅のそのブロック貸してください!」
で無事救助。

新聞だったり、ブロックだったり
ご近所の皆さんにはなにかと
お世話になります。
本当にありがとうございます。

デジタルが行き交う世の中
ご近所付き合いって面倒くさい?
いえいえ、
とても頼りになって心強い

ご近所さんにとっても
そんな頼りになる存在になれているかな。

連日の雪
ライトハウスライブラリーの周囲は「白」の世界
雪トラブルには
ダッシュ!
職員全員が駆け出します。

ご近所の、ライトハウスライブラリーの
一体感。

いいなー。
posted by ライトハウスライブラリー at 11:49| 日々のライトハウスライブラリー

2018年02月02日

「無」を表現する方法

先日、ダンス講演が県民会館であり
出演してきちゃいました!
東京からプロのダンサー5人が来松。

このダンス
とにかく体を思いっきり動かすことが基本
自分の表現方法でいいからと
アドバイスが飛んできます

変なことになっていないかな
そんなこと、一切、気にしない
「無」の空間。

練習や本番の何日間、ほんとに楽しかったです。

「合理的配慮」の解説を聞かなくても
説明はいらない
人と人が関わることって、
もっとシンプルなこと

人の輪に入るとたいてい疲れる私
今回は全くそんなことを感じずに
ほど良い疲労感とともに
ドラマティックなときは
過ぎていきました。

一緒にできてよかった。
私の歴史のなかでも、記憶に残る
数日間をありがとう。
posted by ライトハウスライブラリー at 13:12| 日々のライトハウスライブラリー