2016年10月28日

庭の衣替え

11月も間近になり、朝晩は肌寒い日も出てきました。
私の周りでも、風邪を引いている方も見かけます。
体調管理に気を付けないといけない季節になってきましたね。

そんな季節の変わり目に合わせて、
我が家の庭にあるプランターと
花壇も、秋冬の花や野菜に変わりました。

今までは、ミニトマト、オクラ、ししとう、ゴーヤ等でしたが、
先日、ビオラ、ホウレンソウ、二十日大根などの苗や種を
子どもたちと一緒に植えました。

私が小さいころは、家の近くに畑があり、そこで
出来た野菜などを見てきましたが、最近の子どもたちは
実際に畑にできている野菜を見る機会がなかなかありません。

そんな思いもあり、買った方が手間もかからないし、
いいのがあると思いつつも、
季節の野菜も少しですが植えてみました。

育て方がうまくいかず、
どれほどできるかわかりませんが、
自分で作った物を食べられる喜びを楽しみに
育てていきたいと思います。

結果はまたこのブログで報告しますね。
posted by ライトハウスライブラリー at 14:06| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月24日

熊本へ

 先週熊本へ行きました。
全視情協熊本大会という、ライトハウイスライブラリーのような
視覚障害者情報提供施設の全国大会でした。
 熊本の震災から半年、その復興の願いをこめて
熊本県点字図書館が当番県として、震災直後に
開催を受けたのでした。
 大会テーマは「豊かな未来へ意識改革」サブテーマに
“熊本地震を受けて、平時・災害時における情報提供のあり方を考える”

 熊本市内は熊本城の石垣や城はTVの通りでしたが、
町は復旧したかに見えました。
益城町を車で通過しました。
まだ、地震の時のままの家屋がいたるところに
手付かずのままありました。
ブルーシートが掛けられたままの瓦の屋根、崩れた家屋や塀、
1階部分の潰れたアパート、潰されたままの家屋、
人の住んでいない家々、危険・要注意等の張り紙
瓦礫の撤去作業のショベルや重機の音。
心臓がドキドキして、
まるで震災直後から時が止まったような印象さえ受ける場所でした。

 そんな中での鳥取の地震。震度6弱、松江が震度4。
いつどこでも起こりうると感じた災害。
熊本は、東日本大震災の教訓が随所に生かされていても
やはり復興には時間がかかることを
その土地に立って実感しました。
 人と人とを繋ぐ支援を私たちは長く継続していくことが大切なのだと、
強く強く心に記憶して、帰りました。
松江駅に到着して、改めてこの地を愛おしく思いました。
posted by ライトハウスライブラリー at 09:13| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月14日

渋抜き

爽やかな気候になりました。
「良い天気だなあ〜」と思いますが
風が冷たいといいますか
寒いですね。

先日、柿とりに行ったのですが
小さいのしかなっていませんでした。
数も少ししかとれませんでしたが
今、その柿の渋抜きをしています。
初めて試みることなので
どのような結果になりますやら。

いろいろなことを楽しんでみたい秋です。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:40| 日々のライトハウスライブラリー

2016年10月02日

○○の秋!


朝晩冷え込む日がも増え始め
秋になって来たなぁと感じる今日この頃です。

芸術の秋・スポーツの秋・食欲の秋のように
○〇の秋という言葉が街中でも
たまに見かけるようになりました。

学生だった頃の私にとってこの季節は、
中間テストの時期でもあり、
赤点の秋だったなぁと思い返しています(笑)

赤点はもう見たくないけれど
今年の秋は紅葉を見に行きたいと思っています。

今年は、紅葉の秋にしたいものです。

みなさんは、どのような秋を過ごされますか?
posted by ライトハウスライブラリー at 17:50| 日々のライトハウスライブラリー