2017年01月16日

嬉しいレベル、急上昇!!

「行ってきました!」と
喜んで話しかけてくれたのは、同僚の男性職員

彼には、つい先日
「おいしいお蕎麦屋さん、知りませんか」に対し
私の知っているお店を伝えました。
翌週、友達と言ってきたとのこと。
お蕎麦の感想や、行くまでの道のりのことなど
嬉しそうに話してくれました。

嬉しいレベルで言えば、
私の方が嬉しかったのかもしれません。
すぐに、行ってみてくれたのですから。

先日、ボランティアのかたへ向けた通信を
発行しました。

「通信、届きましたよ。」
「案内のあったイベントに行ってみようと思います。」
「研修会に参加しますね。」
などなど、記事の内容について
反応があります。
反応があることは、嬉しいですよね。
それもすぐに。
「おおーっ」

それは「次もがんばろう!」の活力になること
間違いなしだから
posted by ライトハウスライブラリー at 19:37| 日々のライトハウスライブラリー

2017年01月13日

ポストいっぱいに

やっと「私のお正月」が終わりました。
年末年始やゴールデンウィークのような
ちょっと長めの休みが明けると大変なのです。

私の仕事は「点字の新聞」を作ること。
点訳ボランティアさんにも一部ご協力いただいて
いる部分もあります

休みが明けると…
ボランティアさんに点訳していただいている新聞記事のデータが
私のメールボックスに貯まっています。
ポストに手紙を出すように、
ボランティアさんは私のポストに投函されます。
しかし、ポストを開けるのは
休みがおわった日。

私は休みが終わると同時に
ポストに入った大量の郵便の仕分けをしなければ
ならないことになります。
もちろん、点訳データの校正結果も
ボランティアさんに返信しなければなりません。

ポストに投函するだけで、相手に届くという安心感があるのと
同じように、私は、大勢のボランティアさんに
間違えることなく配達をしなければ…。

郵便局で年賀状の配達が一段落した頃に。
posted by ライトハウスライブラリー at 15:12| 日々のライトハウスライブラリー

2017年01月06日

新年 あけましておめでとうございます。


新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

年末にブログ当番の順番を調べていたら、正月第1週目が私だと気付いて何か気
の利いた話題でもないかなと気に留めておいたけれどすっかり忘れていて、あわ
てて頭をひねっています。

昨年後半には世の中が相当変わっていくような予感を感じさせる出来事が続いて
いました。
例えば英国のEU離脱を決定、米国ではマスコミの予想や日本国民の期待に反し
て過激発言の立候補者が当選、韓国では大統領が友人に機密漏えいしたり国政決
定の大事な場面で意見を求めていたりして(事実はまだ解明されていません
が)、弾劾裁判の大騒ぎ。世界中でテロが続発。
年が明け、正月になると今年の展望はどうかと政治経済の評論家やバラエティ番
組までが賑やかに盛り上がっています。

当施設ではそんなことはどこ吹く風と思いたいですが、施設経営を考えると景気
や政治動向が仕事や収益に直結しているところもあって気が気でありません。

毎年いつも正月に思うのは、自分が前の年よりは少し進歩していますように。幸
せに感じることが前の年よりは少しでも多くありますように。仕事や世の中が前
の年よりは少しでもよくなりますように。
そして皆さんが少しでも健康で楽しく過ごせますように。

皆さんにとって今年が素晴らしい年でありますようにお祈りいたします。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:22| 日々のライトハウスライブラリー

2016年12月26日

今年のサンタさんは

昨日はクリスマスでしたね。
我が家にも小学生の子どもが二人います。

毎年何がプレゼントにほしいか12月の上旬に
サンタクロースへの手紙を書くことにしています。

今年も例年通り書き、それを見て
プレゼントを用意していました。

しかし、その手紙を今年はしばらく
そのまま、テーブルにおいていたので
12月中旬になり、子どもたちが
「やっぱりプレゼント変えるー!」と言い出しまして、
なんと手紙の中身を書き換えてしまいました。

どうしようかと思いましたが、結局書き換えた
プレゼントも買いました。

最初に頼んだ物は、来年4月に進級した時にでも
渡せばいいかと思って迎えたクリスマスイブの夜。

子どもたちが寝静まった後、サンタクロース役の妻が
持ってきたプレゼントはどう見ても2個のプレゼントが
入っている袋!!コミュニケーション不足でした・・・・。

その時にはもうどうしようもなく、
クリスマスの朝に目覚めた
子どもたちは2個あるプレゼントに大喜び!!

その日の夕食時の子どもたちの会話です。
姉:「今年のサンタさんやさしかったね。」
弟:「うん、だって2個もプレゼントくれたもんね!」

来年は1個しかないからね、と思いながらも、
自然と笑顔になれるクリスマスの1日となりました。

さて、クリスマスも終わり、
今年も残りわずかになりました。

ライトハウスライブラリーは12月29日が月末休館日、
12月30日から1月3日まで年末年始の休館日になります。
新年は1月4日から開館しますのでよろしくお願いします。

それでは少し早いですが、今年も1年ありがとうございました。
どうぞ、皆様よいお年をお迎えくださいませ。
posted by ライトハウスライブラリー at 15:40| 日々のライトハウスライブラリー

2016年12月25日

年の瀬

年の瀬

 クリスマスが過ぎるとあわただしく
年の瀬となる。
山陰地方は雪にはならずに仕事納めを
迎えれそうです。
 今年1年を振り返ることは、今年の内に
ゆっくりと必要だと思います。
 私が昨年と比べて、異なることは?
 そうあまり無いように思うのですが、
職場の仲間が変わりました。
 男性と女性の比率が変わって、
女は相変わらずじっとしているけれど
男性が、甘いお菓子をつまみ
給湯室でお茶を準備する姿や、
洗濯したタオルを
干す姿も見受けたりします。
良い意味の男女平等?でしょうか。

 平穏な1年だと思えば、そう納得するけれど
もう少し自分なりに挑戦に欠けていた年でした。

うれしい出来事は
 視覚障害者福祉協会会長の小川幹雄氏が、
旭日双光章を受章されたこと。
 弛まぬあゆみの(ただただ前を向いて、
皆を先導して)くださるお姿は
 まわりの人たちを幸せにして、
やさしさあふれていらっしゃいます。
 先日あった祝賀会で、本当に大切な方なのだと
実感しました。

 自分は努力を惜しまずに毎日を織りなして
行くうちに、自分では気が付かない少し少しで成長し、
自分の成功も失敗も許せる受容と、
まわりの人たちへの優しさが身について行くものだと
小川先生から学ばせていただけた
貴重な年となりました。

来年は、自分の飛躍の年となると良いのですが・・・。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:57| 日々のライトハウスライブラリー

2016年12月16日

今年の漢字

昨夜は雷やみぞれで、今朝はうっすら白くなりました。
いよいよ冬将軍到来ですね。

年末の風物詩の一つ
先日発表された今年の漢字は「金」でしたが
オリンピックがあったことが
遥かに昔に思え、今年だったんだよと。。。
改めて思うのです。
私の気持ちは、先へ先へと飛んでしまっている現状です。

そして、その漢字ですが
私自身の今年の漢字は
「磨」かな、と思います。
「みがく」です。
最近、靴磨きに凝っていまして。
ピカピカに磨きたい衝動にかられます。
履きこんだ靴がピカピカになる気持ちよさ!
いいですねえ。

さて、
年末の大掃除もピカピカにしたいですね〜。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:57| 日々のライトハウスライブラリー

2016年12月04日

最近の癒し


ベタを飼いました!
とうとう、独り身がさみしくなり・・・笑

みなさんは、ベタってご存知ですか?
ベタは、おおよそ大人の小指ほどの大きさの熱帯魚です。
闘魚とも言われていて、2匹以上で同じ水槽で
飼うと死ぬまで喧嘩をするそうです。

死ぬまではいきませんが、
私も弟と同じ部屋にいると
いつも喧嘩をしてしまいます。
どうでも良い情報ですが・・・笑

ベタの話に無理やり戻しますと
ベタの特徴は、身にまとっている大きなヒレがあるのと
個体によって様々な色があることです。

ちなみに、私は青色のベタを1匹飼っています。
机の上で片手で持てるぐらいの大きさの水槽で飼っています。
水槽に近づくと、ベタも寄ってきて
綺麗なヒレをヒラヒラさせながら
エサくれ〜!!と
言わんばかりに泳ぎ回る姿を見るのが最近の癒しです。

みなさんにとっての『癒し』はなんですか?
posted by ライトハウスライブラリー at 15:53| 日々のライトハウスライブラリー

2016年12月01日

冬支度

12月になりました。
今年は、例年より少し暖かいような気がします。
それでも、山々は紅葉を終え、まちの景色も色が変わり、
冬に向かっているのを感じます。
いつもならスタッドレスタイヤに変えないと…
と思う時期ですが、
今年はまだ早いような感じもしています。

 毎年、冬に使っている使い捨てカイロ。
暖かいのは助かりますが、使った後、
ゴミになるのがいつも気になっていて、
思い切って使い捨てではない「カイロ」を購入しました。
使うときにベンジンを入れてライターで火を付けると、
心地よく暖かくなっていきます。
使い捨てカイロと比べると使う回数が少ない場合は
高つくのと、また毎回ベンジンを入れる、
という手間はかかりますが、
ゴミがでないというのがいいと思います。
これから寒くなるであろう季節、
暖かくしながら過ごしたいと思います。

エコライフしてるなーなんて、自分の心も
あたたくなったりして。
posted by ライトハウスライブラリー at 17:19| 日々のライトハウスライブラリー

2016年11月23日

「おかえり」という言葉

「おかえり」とか
「おかえりなさい」
私が、この言葉の響きを温かく感じるのは
自分が迎え入れられたと思うから
尚更かもしれない。

先日、週のほとんどを研修のため不在にしていました。
翌週、出てみると、ボランティアの方から
問い合せのメールのタイトルが
「おかえりなさい」
来館していただいたかたからも、
同様の声を掛けてもらって心が温かくなるのを感じました。

多くのかたから声を掛けてもらって
「ただいま帰りました」
大きな声で言う
そんな、寒い冬の一日。
posted by ライトハウスライブラリー at 12:17| 日々のライトハウスライブラリー

2016年11月15日

昔のひとと今のひと

やっぱり昔の人はたくましい
こんな風に思うことがありました。

人と言いましたが、機械の話です。
先日、ライトハウスライブラリーにある
点字タイプライターの点検をしました。

パーキンスが5〜6台、アポロも2〜3台。
(パーキンスもアポロもタイプライタの名前です。)
私もパーキンスは、学生時代かなり使っていたものです。
アポロはもっと昔に製造されたものだと思います。

ちなみに、フロッピーディスクなど、
今では古すぎてその存在自体も知らない人も多いはずのシロモノを
点訳に関しては便利に使う場面もあります。

私が見たタイプライターたち、
多少部品が欠けていたり使うのにはちょっと?
あやしいものもありましたが、
それでも使えるものが数台ありました。
しかし、パーキンスはほぼ全滅。
アポロが残ったのには驚きでした。
機械も現代化してるのかな?
そういえば、最近の機械は
定期的にメンテナンスをさせるように
わざともろく作られているとかいないとか
そんな話を聞いたことがあります。

刻々と変化するこの世の中、
人間も機械も、今後、どこへいくのでしょう?

それにしても、アポロの生命力はすごい。
やっぱり昔の機械は強いなぁと感じたのと
進化ばかりを追い求めることが良いことではないと
タイプライタを愛おしく思ったのでした。
posted by ライトハウスライブラリー at 19:42| 日々のライトハウスライブラリー